チーズケーキ特集掲載日:2011/9/21

モンブラン・タルトアルザシャン

ゼリーの甘味と軽く焦がしたチーズの香りは、まさに大人のデザート。

タルトアルザシャン

一見、チーズケーキには見えないような、凝った作りが特徴のタルトチーズケーキです。上部にはりんごがのり、その上からゼリーと粉砂糖がかかっています。

ねっとりと舌に絡む濃厚なチーズとりんごのサクッとした食感、ゼリーの甘味と軽く焦がしたチーズのこおばしい香りは、まさに大人のデザート。ワインと一緒に楽しむのも食べ方の1つです。

天神の西通りにあり、色とりどりに華やかで1つ1つ細やかな仕事が施されたケーキも、インテリアにこだわった白を基調としたやわらかな印象の店内も洗練された雰囲気。店の奥には、イートインスペースもあります。

普段の日常から離れて、ちょっと贅沢な気分を味わいたいときに、行ってみるのもいいかもしれません。

モンブラン
所在地:〒810-0041
福岡市中央区大名2-1-58
TEL:092-741-0710
営業時間:平日 11:00~23:00
日祝 11:00~20:00
ランチタイム/12:00~14:00(L.O.14:00)
定休日:月曜日

モンブラン・タルトアルザシャン
モンブラン・タルトアルザシャン
モンブラン・タルトアルザシャン
モンブラン 店舗外観

モンブランのケーキの源は、創業80年の伝統と新しい美味しさを追求し続ける不断の努力。

まもなく創業80年を迎える福岡の老舗モンブラン。
今回はお店で人気のチーズケーキ、「タルトアルザシャン」を紹介します。

このチーズケーキはモンブランのオーナーで、チーフパティシエの関さんがパリで修行中、アルザス出身のおばあちゃんが経営する行きつけの定食屋で出されていた、同名のケーキをアレンジしたものだそうです。

表面をおおう透明なナパージュの下には、表面を少し焦がしたあめ色のりんごがあしらわれており、りんご固有の酸味と甘さ、それにほんのり甘くコクがあるチーズケーキ部分との相性が抜群です!この爽やかな味わいは素材へのこだわりがあるからこそ!素材はでそれぞれのケーキに一番合うものを吟味した上で使い分けているのだそうです。

モンブラン チーフパティシエ

▲オーナー チーフパティシエの関さん

モンブラン 店内写真モンブラン 店内写真

「タルトアルザシャン」の林檎は紅玉か富士。ちなみにこれらのりんごが手に入らなかったときには洋ナシ(ラ・フランス)の「タルトアルザシャン」になるそうですよ。

白を基調にした明るくきれいな店内は、奥にランチ(お昼にはランチメニューあり)も楽しめるイートインスペースがあり、ショーケースには、それぞれかわいらしくデザインされたケーキがいっぱいで、オーナーのセンスをうかがわせます。

昭和28年から変わらぬ材料配合を守るお店の看板商品「モンブラン」で伝統を重んじる一方、先代から受け継いだ心意気を大切にしつつも、食感・味・素材のバランスにこだわった新しいケーキを追求していく姿勢と、美味しいケーキの数々には感動を覚えました。

お店は天神西通り一蘭 天神店の隣です。またオーナーのブログでモンブランの新しいメニューの情報等をいち早くチェックできます。
「モンブランのブログ」http://mbf1.exblog.jp/

チーズケーキ特集 トップへ戻る